建築事務所はどうやって選ぶのが正解?もっと詳しく知りたい人向けの情報を紹介!

ここでは、建築事務所の紹介をします。
特注住宅を建てるときは、建築家(デザイナー)事務所・建設店・住宅メーカーに設計・施工を依頼するのが一般的です。
中古物件の購入・リノベーションの際は、建築家(設計者)事務所・建設店まで連絡が必要です。
しかし、何が違うのかどのように選ぶのかを知るのは難しいです。
そこで今回は、違いを比較・建築家事務所・デザイン事務所・建設店・住宅メーカーを案内します。
建築家事務所の選び方と注意点や、一流の建築家と実際に相談できるイベントを案内しますので最後までご覧ください。

建築事務所はどうやって選ぶのが正解?もっと詳しく知りたい人向けの情報を紹介!

建築事務所とデザイナー事務所の違いを紹介します。
建築家法では、建築家事務所という用語は統一されていますが、世界で一般的に使われている用語の意味は異なります。
設計事務所と建築事務所の一般的な違いは、建築設計を専門とする事務所は設計事務所と呼ばれ、建設会社や請負業者である建設会社も設計作業を行う場合です。
建築家のオフィスと呼ばれることもあります。
どちらも建築家法で定められた法定建築家事務所です。
建築業者は、専門の設計事務所に設計を依頼するか、建設会社または設計を含む建設会社に設計を依頼するかを自由に選択できます。

建築事務所の選び方でお勧めなのは建築家から探す方法

オリジナルな家づくりを提供してくれるのが建築事務所ですが、選び方のポイントは建築家から見つけることが重要です。
生涯をかけた家を作ってもらうわけなので、コストなども含めて適当に選ぶわけにはいきません。
では建築家を探すにはどうしたらいいのかというと、気になった住宅の情報を得て誰が設計したのかを知ることから始まります。
そして実際に建築事務所を通して話を聞いてみると、ある程度の人間性や人柄がわかってきます。
これらの情報をベースにして、自分の理想の住宅を任せていいのかを決めることが可能です。
なぜ人間性や人柄が大事なのかというと、住宅はずっとメンテナンスをしていく必要があります。
長く付き合うことになるので、住宅を常に理解して気にしてくれる人や建築事務所の雰囲気も感じておくことも大事です。

建築事務所によって費用が違う理由とは?

建築事務所の費用がそれぞれの事務所により異なる理由は、基本的にはその建築事務所の考え方によるところが大きく、同じような技術であっても金額が異なってしまうと言うことが多いものです。
これはそれぞれの事務所の費用に対する考え方や、実際にその設計にかかる時間や人材によっても変動するものとなっています。
さらに建築事務所のネームバリューでもこれらの金額が変わる場合があり、著名な建築士の場合には単価が高額となることも多いため、これも要因になります。
著名な建築士の場合にはその人に設計をしてもらうだけで施主は非常に大きなステータスとなることも多いので、その点も金額に影響を及ぼすものとなっている点が特徴です。
建築事務所に設計を依頼する場合には、これらの様々な理由を十分に考慮して、価格の比較を行うことが大切になります。
著名な設計士ほど高額になりがちの傾向にありますが、逆に信頼度も非常に高いため、そのバランスを考えて選ぶことが大切です、

人気の建築事務所はスケジュールが一杯なので早めの予約が必要

美味しいラーメン屋に行列が出来るように、人気の建築事務所はスケジュールがすぐに埋まってしまうので早めの予約が必要です。
建設業界が忙しいのは年末から年度末と言われていますが、住宅をメインにする建築事務所は年末から年度末にかけて暇になることが多いです。
人気の建築事務所の場合は年末から年度末も忙しい可能性が高いですが、他の時期よりは予約がとりやすいので気になる建築事務所がある時はこのタイミングがおすすめです。
売れっ子事務所は迷っている間にどんどんスケジュールが埋まっていくので、家を建てる予定があるのであればなるべく早い段階で相談しておくべきです。
一度相談をしておけば後は契約するだけなので、流れを止めずに着工することが可能です。
理想の住宅が決まっているのであればそのイメージを伝えて、具体的な話し合いを進めていくのが大事です。
より具体的なイメージを伝えることが出来れば納得のいくマイホームが手に入ります。

建築事務所との相性はとても重要なのでまずは相談するのがおすすめ

これから長年住むための住宅を頼みたい場合に、建築事務所との相性はとても大事で、相談をする中で判断をすることで決めることができます。
もちろん総合的な金額や建築工法などもポイントになりますが、何よりも大切なことは満足のいく住宅ができるかどうかです。
建築事務所では建築士が高飛車だったり、クライアント獲得のため良いことしか言わないなどの問題もあります。
相性を調べるには、実際に担当をする建築士と合って話をすることです。
話をしているときに押し付けのデザインを言ってこない人や、事務所の雰囲気なども感じてみるといいかもしれません。
自分の任せることなので意外と直感的なことが当たったりすることや、プランを聞いてみてこんなアイデアがあったのかという感情になると頼みたくなります。
また複数の建築事務所の担当者に会ってみることもお勧めで、人を見る目が養われてくることや、人柄がわかってくるとそれだけで精神的な安心が得られます。

筆者:市川政男

筆者プロフィール

長野県軽井沢町生まれ。
建築事務所に長年勤務した経験から記事を書いています。
軽井沢で建築事務所を探そう!